裕福な家庭で育った彼女・・・

これは私が大学生の時に付き合っていた彼女のお話です。
バイト先で一緒になったMさん。
性格が明るく可愛らしい彼女。
同じ大学生でありながら大人びた感じの彼女でした。
私より先輩で何もわからない私に丁寧に仕事を教えてくれました。

半年ほど経ったころからお互いを意識するようになりクリスマスの日にディナーに誘いました。
そして私から告白して付き合う事に。
この時はまだ、彼女は裕福な家庭の育ちだと知らなかったのです。
特にブランド品を身につけることもなく全く判りませんでした。

付き合い始めて半年ほどしたころから少しずつ、彼女と私の金銭感覚のずれが気になるようになりました。
特にブランド品に拘ることはないのですが持っている服の数が多くて同じ服を着ることがほとんどありません。
食事の時も1回に掛ける金額が学生の域を超えています。
初めて彼女の家に行って驚愕の事実が判明しました。
まるでホテルのような大きな家。
駐車場には高級外車が6台。
絵にかいたようなお金持ちの家庭で育った彼女だったのです。
正直、あまりの身分の違いにショックを受けました。
特に彼女は私との身分の違いを意識してはいませんでしたが金銭感覚の違いは私には理解できませんでした。
物は大事にするのではなく壊れたら買えばいいという考えは全く理解できませんでした。
段々と、彼女の方がおごってくれるようになりそれが私にとって重荷になってきました。
周りから見れば旅行も食事も彼女持ち。
しかも可愛く性格も悪くないMさんですから羨ましい限りだったかもしれません。
ただ、将来的な事を考えると私には不安しかありませんでした。
育ちが違い過ぎるとそれがしんどく感じるのです。

ある日、私は正直に彼女に伝えました。
金銭感覚の違い、育ちの違いが私にとって重荷になっていると。
彼女もうすうす気づいていたようです。
私が宝くじでもあててすぐにお金持ちにならないとこの溝を埋める事なんて出来ません。
将来、必ず歪が出来るのは予測できます。
そこで、彼女と話し合い別れることにしました。

良く、逆たまなどと言われますが皆さんが思っているほどいいものではないと思います。
育った環境の違いのせいで正直、しんどいと思います。
楽しそうに海外旅行の話や高級レストランでの食事の話をされるたびに辛くなってきます。
勿論、相手はそれが普段の生活ですから自慢でもないことは解っています。
自慢なら聞き流すことができるのですが自慢ではなく普段の生活だからこそ聞き流せず重荷になるのです。
もし、お金持ちの彼女と付き合い結婚してお金持ちの生活に紛れ込もうと思っている人が居たらやめておいた方が良いかもしれませんね。
将来を見つめてお付き合いをするなら同じような環境で育った相手という事が絶対条件だと学びました。
その後、私は自分と似たような環境で育った彼女と付き合って結婚し、幸せな家庭を築いています。
一時は逆たまなんて考えましたがこれで良かったと思っています。

見た目は大人しいが、実はわがままだった彼女・・・

20代後半の時です。彼女は自分より3つ下で大人しそうな子でした。
出会いは、飲食店に友人と行ったときのウェイターをしていました。
派手な印象のウェイターですが、大人しそうな印象の彼女にギャップを感じて恋に落ちました。
無駄にそのウェイターを呼んでは笑いを取り、少しの時間を楽しんでいました。
帰り際にレジをしてくれ、その場で連絡先を交換しました。
それから、毎日のように連絡を取り合い、デートに漕ぎ着けました。
遊園地や食事へ行き、お互いの趣味や住んでいる場所など会話を楽しみました。
以外にも共通点が多く話が盛り上がり、なんとなく付き合うことになりました。
今まで派手な子と付き合ってきたので、大人しそうな彼女は初めてです。
しかし、それが安心感を与えてくれ一緒にいる時間も楽でした。
そのため毎日のように会うようになりました。
そんな時です。彼女が徐々に本当の性格を出してきたのです。
それは彼女がバイトを終えてからのことです。彼女から電話が入りました。
残業で帰りが遅くなり迎えにきてほしいとのことでした。
眠気をこらえて車で迎えに行きました。すると、同じバイト先の子も送って行ってほしいと言い出しました。
そのバイト先の子がその場にいたため、断りきれず彼女の家から15分離れた場所まで届けにいきました。
そして、彼女の家まで送り届けようとした時です。
彼女に友人から連絡が入り、今から遊ぼうとのことでした。
そのため、彼女の家には向かわず、その集合場所まで送り届けました。
自分は自宅に帰り寝ようとした時です。また迎えにきてほしいと電話が入りました。
一度は断ったのですが、急にふてくされた口調になったため、しぶしぶ迎えにいきました。
これがきっかけで、毎日のようにお迎えに行かされ、行きたい場所へ連れてかされ限界を迎えていました。
そんな時です。自分が風邪を引いたため早めに寝につきました。
朝を向かえメールを見ると、文句の嵐でした。電話着信もたくさんあり異常なほどでした。
風邪と伝えていたのにも関わらず、相当の言われようでした。
そこで、彼女には不満な納得できないことなど、今までの嫌だった部分を伝えました。そして別れることになりました。
正直、別れられてホッとしています。
この彼女と付き合って得た教訓は、付き合って数か月は甘やかさない方がいいです。
そのことを踏まえて今は別の彼女には厳しく、時には優しくしながら距離感を保ちつつ仲良くやっています。

見た目はそれほどでもないが、実は太っていた彼女

出会いは友人からの紹介でした。
連絡先だけを紹介されて、いくらか連絡を取り合っている内に実際に会うことになりました。
何回か遊びに出かけている内に仲が深まり遊びに出かけることになりました。

付き合って最初の内はとても素敵な人だと思いました。
でもある時に彼女が太っていることに気付きました。

最初はそれほど気にならなかった、と言うよりも私が鈍感で気付かなかっただけですが、彼女は太っていました。
ぽっちゃりという表現よりは太っているという表現が適切な体型です。
身長が高かったこともあり、余計に体が大きく見えました。

そのことに気付いてからは、それがものすごく気になるようになりました。
そして、気長に様子を見ていましたが一向に痩せようとする様子はありません。
そのため、私はさり気なく痩せてほしい気持ちを伝えましたが、彼女はそれに全く気付きませんでした。

それどころか仕事先でのお昼ご飯はいつも総菜などを買って食べたり、仕事で夜遅くに帰宅しても普通にご飯を食べているようでした。
その生活を続けていては、彼女の体型も納得できました。

ある日、彼女と遊びに出かけました。
ライブに行き、終わったのは夜10時頃でした。
私は彼女にご飯はどうするか聞きました。
彼女は食べたいというので、私は「おなかは大丈夫?」と聞きました。
私はこの時間に食べて太らない?大丈夫?ということを遠回しに伝えたつもりでした。
彼女は「ライブ前に食べたけど、今だと食べられるから大丈夫」と答えました。
今思えば、この時に彼女に対する気持ちも冷めてしまったのかもしれません。

私は太っているということ以上に、それで良しとして彼女が痩せようとする努力をしないことが嫌でした。
自分の体型に対して何とも思わないのかという疑問が頭から離れなくなりました。

結局、痩せてほしい旨を彼女にはっきりと伝えると逆に振られてしまいました。
彼女曰く「あなたのために痩せようとは思えなかった」とのことです。
自分が努力できないことを私のせいにするのには意味が分かりませんでした。

この経験で得た教訓は、まずはしっかりと自分と向き合い努力できる人を見つけるべきであるということです。
彼女にはその努力がありませんでした。

そして、相手に対して思ったことは最初の内に伝えるべきだったとも思いました。
結局、私が彼女に痩せてほしいと伝えるまでに数年かかりました。
結果論にはなりますが、どうせお別れするのであれば早い内に伝えておいた方が良かったとも思います。

今後はお付き合いする前に、しっかりと相手を見極めていきたいです。

看護師で優しかったのに、実はだらしなかった彼女

看護師の彼女と出会ったのは、美容師の友達が開催したイベントでした。
そのイベントで彼女は際立ってキレイだったのです。
なので、私は声をかけました。「今何飲んでいるんですか?」と。すると彼女は「ワインです」返してきました。
そこからイベント終了まで会話をして、連絡先を交換し、その日は別れました。
その後、2〜3回デートを重ね、私は彼女に「好きだから付き合ってください」と告白しました。
なぜ私が好きになったのか?それは、もちろん見た目が好みだったからということもありますが、それ以上に、優しいところや気配りができるところ、お互いにお酒が好きだというところ、友人関係・家族関係が良さそうなところなどに惹かれたからです。
そんな想いもあり、告白しました。そして、無事付き合うことになりました。
それからは、遊園地に行ったり、車ででかけたり、お互いの家を行き来したりして、楽しくて充実した生活を送っていました。
ですが、徐々に彼女の本当の姿が見えてきたのです。
本当の姿が見える前までは、優しくて、気配りができて、素敵な女性だなと思っていたのですが…。
実は彼女はとてつもなくだらしなかったのです。
小さいところから言えば、「鞄の中がいつもぐちゃぐちゃしている」ということがありました。
他には、彼女の家に遊びに行くといつも乾いた洗濯物が適当に置かれていたり、テーブルの上に雑誌やゴミなどが散乱していたり、洗われていない食器がキッチンに置きっぱなしになっていたりしたのです。
もちろん、これくらいのことなら仕方がないよ、と思われるのが一般的だとは思います。
それに、自分でも物を散らかしてしまうことはあるので、すごくすごく気になるということはありませんでした。
しかし、次第に彼女のイメージが崩れていくのが自分自身の心の中で感じていました。
そして、さらに彼女のだらしなさがエスカレートしていきます。
待ち合わせ時間には、間に合うことがなくなる。
店員さんに対して横柄な態度を取るようになってくる。
注意しても自分の部屋の中を全く整理しなくなる。
ここまでされる頃には、さすがに私は彼女を好きだという気持ちはなくなってしまっていました。
結局、この看護師の彼女に私から「もう好きじゃないから別れよう」と切り出しました。
彼女から「別れたくない」と言われても、よりを戻すことはなく、キッパリ別れました。
この経験から、第一印象だけで判断してはいけないことと実際に付き合ってみないと分からないことが多いということを学びました。
ただ、目の前の人の本質的な部分を見抜くことは難しいので、やはり結婚する前は同棲をするべきだなという教訓を得ました。
また、私の方に彼女をそうさせてしまった原因があったのかもしれないとも思うので、より自分自身の人間力という部分を高めていきたいと思いました。

【口コミ体験談】東京ノーストクリニックで包茎手術を受けた結果・・・

情緒不安定な上に疑心暗鬼の塊で、浮気をした挙句性病感染した彼女

私が22歳~24歳まで交際した女性です。
彼女は親友の妹だったので、親友宅で遊んでる時に出会ったのがキッカケとなります。
付き合うことになったキッカケは、彼女からの告白でした。
彼女の話では私に一目ぼれをしており、親友宅で一緒にゲームをする度にドンドン好きになっていったようです。
親友の妹だったので最初は悩みましたが、彼女もいないことだしと付き合うことにしました。

付き合ってみて失敗だったのは、彼女の情緒不安定さです。
また疑り深くもあり、私が浮気していない常に心配していました。
かってに私の浮気を心配して情緒不安定をこじらせ、ヒステリックになって私に八つ当たりをするというのが一連の流れでした。

彼女が実家で暮らしてる時は、ヒステリー程度で済みました。
これが悪化したのは彼女が就職して一人暮らしを始めてからです。
他府県で彼女は一人暮らしをすることとなり、会うペースが週2.3回から週1ペースに落ちました。
すると彼女は情緒不安定になり、結果出会い系サイトに手をだしていました。

私はそんなこともしらず、彼女以外とは関係を持ってませんでした。
そんなある日、私の体に違和感を覚えました。
最初は排尿時の何か異物感があるな?という程度でした。
この異物感がドンドン大きくなり、途中から痛みを伴うようになりました。
痛みを感じだした頃になると尿道からウミが出るように。
結果的にいうと性病の淋病とクラミジアに感染していたんです。
しかし性病なんてもらったことない私はこれが性病なんて知りませんし、消毒液を購入して尿道口に塗ったりしてました。
もちろんそんなことで治るはずもなく、排尿時の痛みは激痛へと変わります。
排出されるウミも大量となり、1時間に一回以上のペースでウミをふき取らないとベタベタになるほどでした。
結局病院で性病だと診断され、治療を受けます。
この時に彼女が浮気していたとわかり、彼女を問い詰めた結果出会い系サイトで不特定多数の男性を浮気していたことを教えられました。
もちろん彼女も性病感染していますので、すぐに婦人科で診察をうけさせて治療してもらいました。

ここまでされても私は許したんですが、半年後にまた彼女は浮気しました。
今度は職場の男性で、その男性の方が好きになったから別れて欲しいといわれました。
こちらから別れたくないといっても、全部スルーされました。
こちらの言い分をまったく聞かない彼女にあきれ果て、また連絡も出来ないしそのまま別れることとなりました。
後で彼女から復縁要請来ましたけど、それはまた別の機会に。

彼女と付きあって得た教訓は、女性を信じてはいけないという気持ちです。
彼女以降に付き合った女性にも浮気されたりしましたが、女性は浮気するものだと一線をひいてましたのでたいしたショックはありませんでした。
「ブルータスお前もか」という言葉のように、次に付き合った彼女お前もか・・という風に達観した気持ちでやり過ごせました。
この時から女性を人間ではなく性欲処理道具と認識するようになり、逆に女性からモテるようになりました。
なぜモテルようになったかは長くなるので割愛しておきます。

自分の身分以上の女性に手を出すと痛い目にあってしまう・・・

10年ほど前、同じ職場で知り合った女性と付き合っていたときの話です。
彼女を含めた、仲の良い職場仲間同士であるイベントに参加することがきっかけになり、それまでも、他の人達よりは仲が良かったのですが、急激に距離が縮まりました。

決定的になったのは、二人きりで飲みにいったときです。
元々、好きでいましたし、仲の良いグループのメンバー同士ということもあって、二人きりの飲みでも、気軽にOKを出してくれました。しかし、こちらは、告白モードに突入していました。同じくつるんでいた仲の良いグループの人間達も、うすうす私が彼女に好意を寄せていることに気付いていたらしく、暗黙の応援をしてくれました。
飲み会が終わり、二次会に突入。本来、彼女は終電があり、還らなくてはいけない時間でしたが、一向に変える気配がない。帰り際に告白というプランを練っていたのですが、生殺し状態でした。でも、その理由もすぐに判明。二次会終了後、もちろん終電はなく、ウチへ泊まることになりました。その後は想像通りです。帰り道の最中に告白を行うとあっさりOK。そのまま、ウチで一夜を明かしました(何をしたかは大人の関係を持ちました)。

彼女は、二人で飲みに行くと決まった段階で、この状況を作ろうと思っていたのかもしれません。もしかすると、遊ばれていたのは私だったのかもしれませんでした(後日、遊ばれたのは自分というふうに結論付けられましたが)。
自分自身、こんなにトントン拍子に結果が出たということは、今までの恋愛経験の中では少なく(フラれてばかり)、浮かれていたのでしょう。
幸せを感じていたのですが、そこへ不幸の一報が流れ込みます。
同じ職場内での恋愛ですので、周りにバレないように行動してきました。そこへ、仲のよいグループとは別の仲間から報告が入ります。
「オレ、○○と付き合うことになった」(○○はもちろん彼女です)
付き合っている俺がいるのに、コイツとも付き合う?コイツは二人目?と訳が分からなくなりました。
しばらく、混乱しつつも彼女と接していましたが、いつもと変わりなく振舞っています。
我慢できなくなり、その別の仲間にも事情の全てを話すと、もちろんブチ切れました。
この二股がバレて、彼女は、私と仲間とも別れることになりました。

彼女と付き合って、よい話そうそうあるものではないという教訓を得ました。どう考えても、順調すぎたのです。
確かに、彼女はルックスも悪くなく、スタイルもよい。自分にとっては少々高嶺の花だったのかもしれません。
その後は、そういう女性には憧れこそすれ、やはり、身分相応の彼女を作るべきと勉強になりました。